CDプレスのことならドットコム HOME

CDプレスのことならドットコム

当サイト「CDプレスのことならドットコム」はCDプレス関する情報を発信する情報サイトです。低コストで大量生産が可能、しかもデータの欠落等が少ないCDプレスはビジネスの現場で利用するのに最適です。当サイトではそんなCDプレスについて役立つ情報を発信していきます。CDプレスに興味のある方はぜひ当サイトをご覧になって下さい。

CDプレスとは│2011年3月15日

CDには極めて小さな凹凸があり、この凹凸にレーザー光線を当てて、その反射光を読み取ることで各種データを解釈するメディアです。CDプレスとはこの凹凸をあらかじめ一枚のディスクに金型のようにして用意しておき、それを空のメディアにプレスしてCDを作ることをいいます。

CDプレスの特徴

現在ではパソコンの発達と普及が進んでいるため、書き込み可能な光学ドライブを備えていれば一般家庭においてもCD-Rにデータを焼くことで、簡単にオリジナルのCDを作成することが出来ます。しかしこのように作成されるCDとCDプレスとは異なるもので、その大きな違いは、まず、CDプレスは最初に金型を作成してあとはそれをプレスしていくものですので短期間に大量に生産することが出来ますが、パソコンでCD-Rに焼く場合はこういうわけには行きません。また、CD-Rに焼く作業はレーザー光線でディスクに凹凸を付けていくものであるので、途中どうしてもうまくデータが固定できないことがありますが、CDプレスの場合はこのようなデータの欠落が生じる危険はかなり低くなります。

低コストで大量生産する場合に最適

CDプレスは最初に金型を作成してからそれを空のメディアにプレスしていくものですので、最初の段階でコストがかかるもののその後は安価に生産できます。大量に生産すればするほど低コストになっていきますので、はじめから量産の予定のあるものについてはCDプレスにしたほうがコストを抑えられるので良いでしょう。

スタンバー│2011年3月14日

スタンバーとはCDプレスにおいて、CDを量産するための元となる金属製の型(原盤)のことをいいます。スタンバーはプレス工場で製作され、この型をもとにしてCDが量産プレスされていきます。このスタンバーを作成するのにはそれなりの費用がかかりますが、出来上がってしまえばあとはそれを元にプレスしていくだけなので大量にプレスすればするほど一枚あたりのコストは下がります。

CCCDについて

音楽CDの中にはCCCD(コピーコントロールCD)と呼ばれるものがあります。このCCCD(コピーコントロールCD)はパソコンでデータを取り込むことが出来ず、さらに通常のオーディオCDプレイヤーでは再生可能なのですが、一部のCDプレイヤーやDVDプレイヤーでは再生することが出来ません。

CCCD(コピーコントロールCD)は正規のCDとは規格が異なるため、「コピーコントロールディスク」や「コピーコントロール銀盤」等と呼ばれ、通常のCDには必ず付いている「Compact Disc」のロゴマークが付いていません。

会社概要│2011年3月 8日

会社名 グッドエイチピードットコム株式会社
代表取締役 本井 啓一
創業 2000年12月
資本金 3000万円
従業員数 10名
本社 【所在地】〒610-1102 京都市西京区御陵大枝山町5-22-13
【TEL】075-335-5553
【FAX】075-335-5550
事業内容 ホームページ製作・運営管理
ホームページによる需要創出
事業提携先 株式会社神座

更新履歴